腸内環境の改善は健康の元|食材を変えてみよう

関節痛を予防するために

膝

軟骨を増やすために

ドラッグストアや通信販売で数多く販売されている健康食品の中でも、グルコサミンは中高年齢層を中心に人気の成分になっています。年を取ると関節痛を抱える人が多くなってきますが、これは長年の関節の酷使によって軟骨がすり減ってしまい骨と骨が直接ぶつかることによっておきています。軟骨を足してあげる治療ができれば良いのですが、現在の医療では軟骨を補うことはできません。そこで体内で軟骨を作れるようにしてあげると良いのですが、軟骨を生成するグルコサミンは年とともに体内の生産量が減少してしまいます。そこでサプリメント等を利用して口からグルコサミンを摂取することによって、体内のグルコサミン量を増やして軟骨を増強することができます。

吸収力の良い成分

グルコサミンとともに関節痛を予防したり、緩和する成分としてコンドロイチンやヒアルロン酸が有名です。コンドロイチンやヒアルロン酸は健康食品によく使用されている成分で、グルコサミンと一緒に配合されているサプリメントも多くあります。グルコサミンはアミノ糖と呼ばれる単糖で、コンドロイチンやヒアルロン酸はいくつもの分子が結びついてできた多糖類になります。つまりグルコサミンの方が分子量が小さいため、体への吸収が良いことになります。また、コンドロイチンやヒアルロン酸はグルコサミンから生成される成分のため、グルコサミンを中心に摂取した方が良いことがわかります。コンドロイチンやヒアルロン酸と一緒に摂取すると相乗効果が生まれて、効果が高まる利点があります。